大好きな主人と住めるからと浮かれていた私のあまい生き方

身にはお付き合いして掛かる彼氏がいます。身は実家在宅で彼氏は一人暮らしの結果たえず身が彼氏の在宅をめぐっています。彼氏と共に来れるだけで幸せなのですが彼氏の在宅は1kで風呂便所が一律という事もあり最もますますここに泊まるのは無理だなと思っていました。
前々から彼氏も一緒に住もうと言ってくれていたので新年当たりから引っ越そうと話していたのですが時代が明けると建物も少なくなるし、彼氏が先日本業が忙しく身体をぶち壊しがちにもかかわらず食事を正しくとらなかったり安眠をとらなかったりやるのを見て速く一緒に住んで恋人に元気になって下さいと勝手に思いました。ともかくネットでよさそうな建物を見つけ出し彼氏に見せて恋人も乗ってくれたので先日不動産屋様に連絡して内いくことになりました。身は現時点環境がありアルバイトで働いていることもあり同棲したら金銭的に大変になるのは彼氏だし父母にも一礼しなくてはいけないしと思い不動産屋様に行く前に彼氏に何度も「正にいいの?大変になるのはそこだよ?」と確認していました。そのたびに大丈夫だと答えてくれていました。
実に何件か内見に行き両人とも何とも愛する建物があったのでその場で用命をお願いしたら不動産屋様が開始金額の概算を出してくれました。そのプライスを見て恋人が洒落幾分でしたが「かなり鳴るんだね」と言いました。恋人は何気なく言ったのかもしれませんがともかく恋人への不安が大きすぎる、私の本心が甘かったと思い何度もやめるなら今だよといったのですが恋人はまた大丈夫だよと言いました。のちお店に舞い戻り要望書を書き帰ったのですが身は自分が勝手に突き進んでしまったことが申し訳なさ過ぎてお店を出てすぐに涙が止まらなくなってしまいました。その時も彼氏は優しくて今日はめでたい日光なんだからそういった元気なくさないでよと言ってくれました。適正今でも果たして良かったのか、恋人は精神どうして思っているのかが不安でたまりません。千葉で脱毛するのにキレイモが人気