地球のどこかでは必ず合戦が起きてありいつ平和な雰囲気が来るのでしょうか

最近ではIS関連の記事がされており、マガジンではしばしのあたりまで追い込んでおりますが、そもそもその事情を辿ると湾岸競争から始まっているのはご存じだろうか?
その競争のからくり人はイラクでありが、本当のからくり人がアメリカですのを分かってほしい。身は共産主義ヒト・人前主義ヒトもないのだが世界の婦警という命題できっちりアメリカが参入して来る。だが競争をしなければ景気も成り立たないのもご存じだろうか?武器を製造して要るショップが無くなると雇用が収まりデフレとなる。かつて国内もそれほどだったが朝鮮競争が有ったおかげで高度景気進歩になった事情もある。ですから競争は行けないと言いながら習わしのもと武器を輸出して環境を良くする。国内もそれを決めるとしているのが世の中です。賑やかみたいに武器を輸出はとにかくありえない、武器によるとの事は即ち誰かが死ぬこととなる。それでは果たしてどうすれば地球すべてが平和な条件が作れるのか?それは誰も分からないと現時点では思います。大方ですが景気の根本的なベースを修正しなければ駄目だと思います。大国は本国の景気が第一プライオリティーなので優先する考えは全く無いと思います。最近では新たに南アジア雰囲気が断じて良くありません。それは中国の本国の景気を優先しているからとの理由と共産主義国の独特の獲得、すなわち多種族世界中なのでクーデターを起こしては困るとのかつてのロシア(旧ソ連)があると思います。独りでに国内もいつ競争に巻き込まれてもおかしくない状況だと思っている今です。http://clarkscoinlaundry.com/